鼻の黒ずみが起こる原因ってなに?対策方法は?

kurozumi鼻の黒ずみやいちご鼻に悩んでいる人は多いですよね。特に10代から20代にかけて、皮脂の分泌が活発な年齢層で症状が悪化することが多くなっています。
「元々肌のキメも細かくないし、鼻の黒ずみも遺伝だから仕方ない」と諦めたり、躍起になって角栓を取り除こうとしていませんか?でも、ちょっと待って下さい。
実は間違った対策方法が、より黒ずみを悪化させてしまうことにも繋がります。その原因をきちんと知って、肌自体をを改善させていきましょう。

そのためにはまず、黒ずみの原因を知ることから始めなければなりません。ではここから詳しくみていきましょう。

鼻の黒ずみの原因ってなに?

鼻の毛穴鼻を含むTゾーンには、顔の他の部分に比べ7倍程の毛穴があると言われています。その毛穴に角質や皮脂が詰まり、酸化して黒くなってしまうのが黒ずみの原因。毛穴には皮脂腺があり、そこから皮脂が分泌されます。

皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まってしまい、古い角質と混ざり合うことで角栓ができるのですが、この角栓が紫外線等の刺激を受けることで酸化し、黒ずみとなっていくのです。

肌のキメや毛穴の大きさ等は、確かに遺伝的要素の大きいものです。しかし黒ずみの原因を見れば、ケア次第で黒ずみやいちご鼻を解消できることが分かりますよね?

注目したいのは「角質と皮脂」。角栓の原因となるこの2つに対し、正しいケアをすれば黒ずみは軽減していくので、遺伝だからと諦める必要は全くありません。

間違った対策方法

Fotolia_52156852_XSまず皮脂に関してですが、問題なのは過剰に分泌されることであり、適度な皮脂は本来必要なもの。皮脂が出やすいからといって洗顔をしすぎていませんか?過度な洗顔は肌の潤いを奪ってしまい、かえって皮脂を分泌させることになってしまいます。刺激を与えないよう、弱アルカリ性の洗顔料で優しく洗い、その後保湿をしっかり行いましょう。
皮脂が多いと「ベタつくから」という理由で油分のクリームを使用しない人もいますが、それも逆効果!ビタミンC入りの化粧水の後は、クリーム等でしっかり蓋をして保湿することがとても重要です。

また古い角質も正常にターンオーバーが行われていれば、自然と剥がれ落ちていくものです。しかしメイクがしっかり落ちていない、体の内側の巡りが悪く新陳代謝が自然にされないと、角質が残り肌が固くなっていくことに。正常なターンオーバーの為にはバランスの良い食事、ストレスを溜めない、良い睡眠も欠かせません。外側だけでなく、内側からも対策をしていきましょう。

メイク落としでお薦めしたいのがホットクレンジングジェル。
温めることで無理なく毛穴の汚れを浮き出させるので、強くこすらずに汚れをしっかり落とすことが出来るんです。酵素入りの物なら古い角質も溶かしてくれますし、保湿成分もしっかり入っているので、メイクを落としながら潤いも与えてくれますよ。

鼻の黒ずみには刺激を与えず、優しくしっかり汚れを落とし、保湿を充分にする。とてもシンプルにみえますが、改善方法はこれがベストです。体の内部から綺麗にすることを心がけながら、実践してみて下さいね。
肌のターンオーバーは約1か月かかるので、それ以降に少しずつ効果が表れてくるのを実感できると思います。

公開日:
最終更新日:2016/05/21