鼻の黒ずみをメイクで隠す方法

気になる鼻の黒ずみは、長い目で根本から改善していく必要があります。正しい洗顔にスキンケアが基本で、何より大切なのは肌のターンオーバーが正常であること!不要になった角質がきちんと剥がれ落ちていけば、角栓に悩まされることもなくなるはず。

しかし黒ずみに悩まされ改善中であっても外出しなければなりません。出来れば少しでも黒ずみを目立たせないよう、メイクでカバーしたいですよね。
そんな黒ずみや毛穴をカバーするメイクのポイントを、いくつか紹介していきます。

メイクで黒ずみをカバーするには?

まずは洗顔後のスキンケアから。毛穴の目立つ黒ずみの場合、肌の潤い不足が疑われます。
角質層に水分が足りないので、補うように脂が分泌されテカってしまうのです。
ですからメイク前もしっかり保湿をしましょう。化粧水だけでなく、乳液かクリームできちんと蓋をすることも忘れずに。これでテカりが抑えられ、化粧崩れもしにくくなりますよ。
メイク直しの回数が増えるほど厚塗りになり、毛穴の詰まりの原因にもなってしまいます。
またスキンケアがしっかり浸透してから、メイクを始めることも大切です。
スキンケア後すぐにメイクをすると、下地もしっかり定着しません。乾いた後でもべたつきを感じるようなら、軽くティッシュで押さえておきましょう。

メイクのポイントは、黒ずみを隠そうと厚塗りするより、下地とファンデーションを薄づきに重ねる方が綺麗な仕上がりになります。
特に重要なのが下地。最近は毛穴をカバーする優秀な下地が沢山ありますよね。
毛穴用下地の特徴は、皮脂吸着力がすぐれていること。
化粧崩れもしにくく、毛穴の凹凸も目立たなくしてくれるんです。パールを配合したもの等を使用すれば、光の反射の効果で黒ずみも目立たないといったメリットもありますよ!
ただ注意したいのは塗りすぎないこと。厚塗りはファンデーションが寄れてしまう原因になります。
指の腹にとり、くるくる回したり置くようにして塗っていきましょう。

下地で大分カバーされているので、ファンデーションは薄く塗るよう心がけましょう。リキッドの場合ティッシュで軽く押さえ、余計な油分をカットします。その後はフェイスパウダーをはたくことをお薦めします!フェイスパウダーも光の拡散効果があるので、ラメやパール入りを使用するとより綺麗に見えます。

メイクで黒ずみはカバーできますが、黒ずみ対策をしては帰宅後のクレンジングの方が大切です。毛穴に詰まったメイクをしっかり落とさないと、更なる黒ずみを生んでしまいますよね。
必死にメイクを落とそうと力を入れるのはご法度!お薦めはホットクレンジングジェルです。温めることにより自然とメイク汚れが浮きあがってくるので、軽く指で回すだけでメイクが落ちていきます。
酵素入りで角質除去にも効果がありますし、保湿成分も配合されているからクレンジングなのに潤いも感じられちゃいます。しっかりメイクの後は、ホットクレンジングジェルを定番にしたいですね。

公開日:
最終更新日:2016/05/21