鼻の黒ずみを一瞬で簡単に取る方法ってないの?

鼻の黒ずみ解消法を検索すると、「角栓がごっそり取れた毛穴パックの画像」や「オロナインパックで小鼻がつるつる!」といった魅力的な記事がヒットしますよね。一瞬で黒ずみを解消出来る魔法のようで、つい試してみたくなりますし、実際に行っている人も多いでしょう。
しかしこれらは一時的にとても効果を感じられるものですが、その裏にデメリットが潜んでいることをご存じでしょうか?

毛穴パックを使用し続けると後悔することも

毛穴パックは手頃な料金で気軽に使用でき、その使用感が爽快なこともあり、男女問わず人気があります。何と言っても取れた角栓が目に見える気持ちの良さ、この感触にやみつきになってしまう人が後を絶ちません。

しかし毛穴パックは吸着力がとても強いので、汚れと一緒に肌に必要な角質や油分、水分なども取り除いてしまうのです。
毛穴に角質や皮脂があることで、外部の刺激や黴菌、ホコリなどから肌を防護する役割を果たしています。それらを一気に剥がしてしまうのですから、余計な汚れが毛穴に詰まって炎症を起こしてしまうこともあります。毛穴パックをした後に赤くなったり、かゆみを感じた人は少なくないでしょう。
また強い力で無理やり引っ張っているので、毛穴は大きく開いた状態です。パック後に充分な保湿をしなければ毛穴は開いたまま。角質層の水分も失われるので、乾燥も進みます。パックを繰り返すうちに毛穴はどんどん大きくなり、毛穴自体の凹みで黒ずんで見えてしまうようになり、後悔する人も多いのです。

オロナインパックは皮膚の常駐菌を殺してしまう可能性あり!

毛穴パックと並び、最近人気がある方法がオロナインパック。
万能塗り薬であるオロナイン軟膏を小鼻にたっぷり塗り込み、毛穴を開かせる役目として使用します。毛穴パック前により効果を高めるために行う人も多いようです。
オロナインはニキビにも効く殺菌効果もあり、肌に良さそうな印象を受けますよね。オリーブオイルも配合されているので、角栓を取り除きやすくもしてくれます。

一見問題が無さそうなオロナインパックですが、オロナインには界面活性剤も配合されています。肌の弱い人には刺激が強く、かぶれてしまう可能性もあります。
また医薬品であるオロナインを適量を超えて使用すれば、その殺菌効果で皮膚に常駐する菌を殺してしまうことも考えられます。人間の体にはそれぞれ常駐菌が存在し、それらが外部からの刺激やウィルスから防御してくれる役目を果たしています。オロナインの使用によりこうした菌まで殺菌してしまえば、当然肌のバランスも狂いが生じてしまいますよね。

黒ずみ解消にはシンプルケアがベスト

毛穴パックもオロナインパックもこうしたデメリットがあり、その効果も一時的なものです。
鼻の黒ずみ解消には、やはり日頃の洗顔や保湿といった正しくシンプルなケアをするのがベストです。泡で優しく洗う、クレンジングはホットクレンジングで汚れを浮かせて取り除くといった、肌に極力刺激を与えない方法を継続してみてください。即効性はないかもしれませんが、確実に肌は改善されていきますよ。

公開日: