鼻の黒ずみを押し出すのは絶対タブーな理由とは?

小鼻に出来てしまった黒ずみ。角栓を指で押しだすと「にゅ~」っと取れる感覚は気持ち良く、つい押し出してしまいますよね。
でもこれ、本当は肌に良くない行為なんです。
その理由と角栓を作らないためにはどうすれば良いか、を考えていきましょう。

押し出すのが絶対にダメな理由とは?

まず無理やり指で角栓を押しだすと、当然毛穴が開いた状態になってしまいますよね。そうなると過剰に皮脂が分泌したり、開いた毛穴にメイクなどの汚れがとても詰まりやすくなってしまうのです。
結局また繰返しのように角栓がたまり、毛穴も開いているので黒ずみがより目立つことにも繋がります。

こうした無理やりのケアを繰り返せば、毛穴はどんどん広がっていきます。毛穴自体に凹凸があるので、大きいとより影のように黒く見えてしまうという悪循環を招くのです。

また指で押しだすことは肌に多大な刺激を与えてしまい、その刺激から
肌を守ろうとメラニンが生成されることに繋がるんです。
これは肌が紫外線から自己防衛するためにシミが出来てしまったり、剃刀や毛抜きで脱毛すると、多大な刺激で黒ずんでしまうケースと同じ仕組み。
メラニンが黒ずみとなって表れ、その後も刺激を繰り返すことで色素沈着を起こしてしまうことも。肌のバリア機能が低下し、正常なターンオーバーが出来なくなるので、メラニンが剥がれなくなてしまうからなんですよね。
こうなると黒ずみを解消するのに、長い時間がかかることもあります。

さらに肌に刺激を与えダメージを与えると、角質層の潤いも奪ってしまい乾燥が進みます。キメも乱れ角質も固くなり、より黒ずんで見えてしまうことにもなるのです。
つまり指で押しだした場合、一時的に角栓が取れたと喜んでも、結局は悪化させてしまうことになるんですよね。ですから指で押し出すことはタブーとされているのです。

押し出さずに黒ずみを解消するには?

では黒ずみを解消するにはどうすれば良いのでしょうか。
これは日頃の地道なケアを継続するしかありません。正しい洗顔と充分な保湿がそのカギになります。
洗顔は弱アルカリ性の石鹸をよく泡だてて優しく洗い、メイク落としはホットクレンジングがお薦めです。
保湿は洗顔後すぐに行いましょう。ビタミンC誘導体が配合された化粧水が毛穴ケアには有効ですよ。皮脂を気にして化粧水のみ使用する人もいますが、油分も適量は必要なのでクリームで必ず蓋をしてくださいね。
紫外線を避ける、ターンオーバーや新陳代謝を促す為に内側から綺麗になる努力も必要ですし、ストレスを溜めないこと、睡眠も大切です。
一度に全てを変えていくのは難しいですが、まずは肌に刺激を与えない洗顔法や保湿から始めてみて下さいね。

公開日:
最終更新日:2016/05/21